ほうせんか

□ 子育て関連

小3の次男が、夏休みの植物観察の宿題として、ホウセンカの種を学校からもらって帰って来たのが、7月20日。

ホウセンカの花の様子と、種子が「ポンッ!」とはじける様子を絵に描いて提出するための画用紙(A4)ももらってきた。

 

翌日には植木鉢に種を埋めて、水をあげて、日向に出す・・・しばし静観。

 

1週間後・・・芽が出た。

 

2週間後・・・順調に葉っぱが茂ってきた。

 

3週間後・・・茎が赤くなってきた。

 

4週間後・・・背の高さが20cmを超えた。

 

5週間後・・・背の高さが30cmを超えた。

 

この段階で夏休みが終わってしまいました。

 

宿題提出用の画用紙の表には花の様子も種がはじける様子も描けないまま、画用紙の裏に、夏休み中の生育状態を記入して提出しました。

 

で、9月10日。

 

待ちに待った花が咲きました!

ほうせんか

 

 

ホウセンカの花の色としては珍しい、紫に「ふ」が入っております。

 

果たして、種が「ポンッ!」とはじける様子を肉眼で観察できるかどうか・・・

甚だ疑問ですが、表面白紙のまま提出した画用紙に、休み時間を使ってホウセンカの花の絵を描いてくるように申し渡しました。

 

小学校の先生方にお願いです。

 

夏休み中に宿題完了できるよう、もうちょっと早めに「種」をお配りくださいませ。



ブログランキングに参加していますので、
お手数ですがよろしければ「クリック」してください。
  ↓  ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
人気ブログランキングへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です