骨とり魚。

□ 料理&お酒

2018年に入って一番驚いた事を発表します!!

東京、埼玉、千葉、茨城に展開するスーパーマーケット、コモディーイイダでこんな魚たちを発見してしまいました!

 

<参考画像です>

 

骨とり魚って言っても、取ってあるのは大きな骨だけで、細かい骨は残ってるんじゃないのー!?と疑いつつもサーモンの切り身を購入。

帰宅後、ムニエルにすると・・・本当に骨が無い!細かい骨1本たりとも残っていない!すごい!

もともと我が家の近くにあるコモディーイイダは魚の質が良いとの評判があり、いつでも安くて美味しい魚を提供してくれているのですが、この骨とり魚にしてもパサつきもないし、見た目も美しい!(骨を取ったことで形が崩れていない)

いやー、長生きはするもんだね~。こんな魚に出会えるとは・・・しみじみ。

 

これからの高齢者てんこ盛り社会では、介護する方、される方、双方にメリットがありますよね。高齢になると、どうしても飲み込む力が弱くなるから、喉に魚の骨が刺さって痛い思いをさせなくて(しなくて)済みます。

少子化だけど働く母親が増えているから、サッと料理して骨の心配をせずに子供に食べさせる事が出来る骨とり魚は若い子育て世帯にも有り難い!もちろん子供の魚離れも防げますしね!

 

魚ってのは骨があるのが当たり前。

骨を取り除きつつ、美しく魚をいただくのは日本人として身に付けておきたい技術ではありますが、長い人生の中でこういう便利な食材を使ったほうが良い時期というのもあると思います。

 

骨とり魚、見つけたら試してみてくださいね!



ブログランキングに参加していますので、
お手数ですがよろしければ「クリック」してください。
  ↓  ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
人気ブログランキングへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です