ウェブ・ベルマーク

□ 子育て関連

皆様、齢50を過ぎたワタクシが小学生の頃からあった「ベルマーク」

今でも変わることなく、

我が子達は小中学校からベルマーク収集袋を持ち帰ってきます。

 

もやし、チョコレート、ガム、マヨネーズ、ドレッシング、おにぎり、

ペットボトル飲料などベルマークが付いた商品は数多くありますが、

包み紙からベルマークを切取り、空き瓶などに入れて保管して、

収集袋に入れて指定日に子供に持って行かせる。

地味な作業ながら、かなり手間暇かかります。

 

ベルマークについて手間がかかるのは各家庭内での作業だけではありません。

ご存知の方も多いと思いますが、

小中学校のPTA役員の組織中にベルマーク委員を設けている学校は多いです。

仕事内容はベルマークを各クラスから回収して、企業ごとに分けて、

台紙に貼りつけて、点数集計して学校の備品などの購入に充てる準備作業を月一回学校

に集まって行います。

 

高給取りのワーキングマザーでも、ベルマーク役員を引き受ければ、

わざわざ平日に休みを取って、この地道な作業に時間を費やすわけです。

 

月一回の作業で集まる点数は500点(500円)未満のことも多いことから、

ベルマーク委員を無理やり引き受けさせられた方は

「毎月500円寄付するからこの作業を免除してほしい!」

と文句言っていたのも記憶に残っています。

(もちろん役員を引き受ける良い面もたくさんあります!それはまた次回!)

 

そんなある日の事、我が子が小学校から1枚のお手紙を持ち帰ってきました。

 

「ウェブ・ベルマーク」でベルマーク預金が出来ます!との画期的な内容。

HPはコチラ ⇒ https://www.webbellmark.jp/

 

支援の流れとしては、このサイトを経由してからネットショッピングするだけで、

支援金を生み出すことができる!

支援金の半分はわが子の通う学校のベルマーク預金に自動加算、

半分は東北の被災校支援に役立てられる!

注)マイページで学校を指定しない場合は、全額、東北被災校への支援金となります。

 

ウェブ・ベルマーク協賛ショッピングサイトは、ヤフオクや楽天、リクルート、

セブン&アイ、ロハコなど、メジャーどころが揃っております。

これは使えるかもっ!!

 

今まではベルマーク収集に無関心だった方でも、

面倒くさい作業に嫌気がさしてベルマーク収集に挫折?した方も、

東北地方の復興応援はしたいけどその方法が見つからなかった方も、

この方法なら参加出来るかもしれません。

そしてウェブ・ベルマーク運動がどんどん広がっていけば、

PTA役員の仕事内容も徐々に変わってくるかもしれません。

是非一度、HPにアクセスしてみてください。

 

最後に、ウェブ・ベルマークってどんな団体かを抜粋します!

 

ウェブベルマーク運動は「一般社団法人ウェブベルマーク協会」

が主催・運営しています。

 

一般社団法人ウェブベルマーク協会は、被災校支援を目的として、

ベルマーク教育助成財団、朝日新聞社、タグボート、博報堂、

博報堂DYメディアパートナーズの5社で2013年に設立されました。

 



ブログランキングに参加していますので、
お手数ですがよろしければ「クリック」してください。
  ↓  ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
人気ブログランキングへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です