輸出貨物バンニング立会に~~

□ 貿易・国際輸送

こんにちは! 永遠の17歳です!

 

先日、絶好のバンニング日和に恵まれて、横浜港・山下埠頭にバンニング作業の立会に行って参りました。

貨物は日本から海外に輸出される中古機械であり輸出梱包などはしていない裸貨物(Bare)となっており、バンニング作業は慎重さが要求される案件となっておりました。

諸作業の概要をお知らせいたします。

 

1.海上コンテナには本体の付属品を先に詰め込む

2.輸出貨物を蔵置場所より13トンフォークリフトによりコンテナのある場所まで移動

 

 

3.本体を慎重且つ安全にコンテナに詰め込む作業

   

 

4.セキュアリング(固縛)作業完了にて諸作業は終了となります。

(黄色ラッシシングバルトと貨物の下の角材を使用行われます。)

  

 

*バンニング(VANNING)作業は輸出通関作業完了後の保税貨物を海上コンテナにフォークリフトなどを利用して詰め込む作業。

*デバンニング(DEVANNING)作業は輸入通関完了後の貨物を海上コンテから引き出す

作業

*海上コンテナは20フィートと40フィートの長さの2種類があり貨物の形状により選択されます。

*作業は順調に運び帰りにはごくろうさまを兼ねて例によって酔い気分に・・・・



ブログランキングに参加していますので、
お手数ですがよろしければ「クリック」してください。
  ↓  ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
人気ブログランキングへ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です